かつみ動物病院 刈谷市 知立市

刈谷市・知立市近郊のイヌ・ネコを対象とした動物病院です

TEL.0566-28-3717

〒448-0003 
 愛知県刈谷市一ツ木町3丁目11-2


ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

はじめての・・・

雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。

6月は病院の看板猫「ふたば」の誕生月です。

病院の開業準備の頃に迎えたので、一緒に年月を重ねているのでふたばは19歳を迎えました!

猫の19歳は、人の年齢に例えると約90歳。

やはり食も細くなったり、ジャンプも出来なくなったり、人と同じような体調の変化も見られます。

その体の変化に合わせて生活する場所や環境を変えています。

先日ははじめてオムツをつけてみました。

やはり違和感があるからか、歩き方がおかしくなっていましたが、しばらくするとオムツをつけたまま寝ていました。

慣れてくれるか、数日試してみようということです。

 

触るのを嫌がる部分もありますが、頭や背骨を撫でてあげるととても気持ちよさそうにします!

年を取ってからもコミュニケーションは大事ですね。

 

 

オリンピックまであと45日も切り、どのようになっていくのか気になるところですね。

猫ちゃんのフィラリアの予防もはじまり、病院も混雑する時間帯もまだまだあります。

お時間に余裕を持ってご来院くださいね!

クセになる!?

いつの間にやら葉桜の季節となりましたね。

今年はみなさんどのように桜を楽しまれましたか??

 

さて以前少しブログで触れましたが、新しいおやつを取り扱いはじめました!

手作り完全無添加で、薄く作られているのでパピーからシニアまで幅広く与えることができます。

またつなぎの小麦粉も不使用なのでアレルギーの子も安心です。

特に既成のフードにはつなぎとして小麦粉やでんぷん等の穀物粉が多く使われています。そのため太りやすく、また炭水化物はワンちゃんの体温を上昇させるため、
アレルギーの要因にも繋がります。

この機会におやつの見直ししてみては!?

 

人間が食べれるほど品質も良く無添加でなにより美味しいんです♪

病院猫ふたばも18歳となりますが、割ってあたえるとポリポリとあっという間に3枚食べました!

 

健康な体は食べ物から。

試食も用意してますので、ぜひ一度お試しくださいね。

 

新たなスタート!

河津桜も散り始め、ミモザも満開近くなっていました。

 

春はお花を楽しめる季節ですね。

そして新たなスタートを始める時期でもあります。

 

当院で12年間勤務していた動物看護師の杉浦さんが4月下旬を持ちまして退職することになります。

また、ご存じの方も多いかと思いますが松本さんも5月初旬で出産のため退職となります。

二人の新たなスタートに向けてスタッフ一同感謝と応援の気持ちで残り少ない日々を共に過ごしていきます!

 

二人の退職にあたりまして、新しく2人スタッフが入りますとともに、開業当初のスタッフの鈴木さん・黒田さんがまた一緒に働いてくれることになりました。しばらくはバタバタする場面もあるかと思いますが、新旧スタッフ力を合わせて皆様のご家族のサポートをしていきますのでよろしくお願いいたします。

猫の日

梅の花も見頃を迎え、いよいよ春めいて来ましたね!

今日は2月22日で猫の日(=^ェ^=)

なので、猫ちゃんにちなんだ話を少ししましょう!

 

動物病院では寒い時期、猫ちゃんたちの膀胱炎での来院は多い疾患の一つです。

猫ちゃんと暮らしているみなさんはどんな猫砂をお使いですか??

 

猫ちゃんは食の好みもそうですが、トイレにもこだわりがある子が多いです。

猫砂の種類に関しては、鉱物系、紙系、木系シリカゲル系などたくさんの種類がありますね。

好みのトイレでない場合、粗相したりおしっこを我慢して膀胱炎の原因になったりもしますので、猫砂選びで快適なトイレ環境を用意してあげましょう。

ちなみに猫の祖先は砂漠地帯で生活していたことから、砂の感触を好みますので鉱物系の猫砂は割と人気だったりします。

またおからを使った猫砂もありますが、匂いにつられ食べてしまう子もいるので食いしん坊さんには向かないかも!?

 

そして好みの猫砂は入れる量もとても大切です。

どのくらい入れていますか?

砂の種類にもよりますが5cm以上は深さはほしいところ。

浅いと砂が飛び散りやすかったり、トイレの底におしっこが広がって汚れやすくなります。

排泄後に砂をかいて隠せない量であると満足しません。たくさんかいているのは満足のしるしなのでチェックしてみてください。

 

※どんなトイレをお使いの場合もトイレ掃除も膀胱炎の予防になります!

排泄物を取った後に猫砂を追加していくだけでなく、全交換も必ず定期的に行いましょう。

 

プルプルお肌は最強!

立春(りっしゅん)は、二十四節気において春の始まりとされる日。節分の翌日です。
2021年は124年ぶりに2月2日が節分となるそうです。立春は、2月3日。

春が立つと書くとなんだかウキウキしますね!
病院も狂犬病シーズンに向けての準備が始まる時期です。
それでもまだまだ寒い日は続きます。
さて、前回のブログで加湿のお話とともに肌(皮膚)のコンディションも崩れやすいと少しふれました。少し詳しくお話しましょうね。

マスク生活でお肌が荒れている方もいるかと思いますが、空気が乾燥するこの時期はお肌の乾燥が進みひび割れや皮が剥けて肌のバリア機能が低下し外からの刺激を受けやすくなります。
これはわんちゃんやねこちゃんも一緒です。

さらにいうとわんちゃんやねこちゃんの皮膚の厚さは人の1/3と言われており、約0.1mm以下しかありません。
また人間の肌のpHは約4.8の弱酸性なのに対し、ねこちゃんの皮膚のpHは約6.4、わんちゃんの皮膚のpHは約6.2〜7.8とされています。pHが高いほど皮膚の細菌は増殖されやすいとされていますので、わんちゃんは細菌性皮膚炎を起こしやすい原因の一つですね。

こういったことから人の弱酸性のシャンプーはわんちゃんやねこちゃんの皮膚には合わないということになります。
人には人用のものを、わんちゃんやねこちゃんにはペット用のものを使用することも重要なお手入れの一つです。

この時期は乾燥対策も大切です。
体に合ったものを使った上で、保湿をしてあげると皮膚のバリア機能が崩れにくくなります。
お部屋の加湿とともにお肌の保湿もとっても大切なポイントなのです。

シャンプーや保湿剤なども色々取り扱っていますのでお気軽にご相談ください。
シャンプーの仕方などのポイントを含めてアドバイスさせていただきます。