かつみ動物病院 刈谷市 知立市

刈谷市・知立市近郊のイヌ・ネコを対象とした動物病院です

TEL.0566-28-3717

〒448-0003 
 愛知県刈谷市一ツ木町3丁目11-2


血液型

血液型

寒い日が続いていますね。

暖かい春が待ち遠しいです。

 

 

皆さんはわんちゃん、ねこちゃんにも血液型があるのをご存知ですか?

先日「ねこちゃんの血液型を知りたい」という方がいらっしゃいました。

そこで今回は犬・猫の血液型についてお話します。

 

 

人間は「A・B・O・AB」の4種類ですが、

猫には「A・B・AB」の3種類があります。

A型が全体の70%、B型は地域や種類によってときどき見られ、

(ソマリやアビシニアンは比較的B型率が高いと言われています)

AB型は極めてまれです。

血液の性質や割合は違いますが、人間と似ていて分かりやすいですね。

 

それに対して犬は10種類以上と多くの種類があります。

(今も研究の途中で増えつつあります)

国際的に認知されているのは以下の8種類です。

{ 型    ・・・   保有率 }

★DEA1.1    ・・・    62%

★DEA1.2    ・・・    2%

★DEA3      ・・・    5%

★DEA4   ・・・    98%

★DEA5   ・・・    15%

★DEA6   ・・・    96%

★DEA7   ・・・    40~55%

★DEA8   ・・・    20~44%

 

さらに1匹で複数の種類の型を持っており、かなりややこしいです。

 

 

血液型を知るメリットは、”緊急で輸血が必要になったときの

トラブルや不安を減らすこと”です。

人間と同様に、異なるタイプの血液を混ぜると

拒絶反応が起こり輸血することはできません。

これを予防するため、「輸血を受ける側と提供する側の血液を混ぜて

固まらないか反応を調べる検査(交差試験)」を行っています。

 

 

飼っているわんちゃん、ねこちゃんの血液型を

知っている方は多くはないと思います。

日常の生活で必要なことはほとんどありませんが、

緊急時、災害時の備えとして調べておけば万全です。

血液型についての知識を持っているだけでも

いざという時に役立つかもしれませんね。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。